青人参?上海問屋 DN-84335 (Carot One同等品?) 買ったのでレビュー\(^o^)/

上海問屋のCarot One FABRIZIOLO(赤人参)こと DN-84335(青人参)を購入してみました。

画像


届いてびっくりの超コンパクトサイズ。



ざっと説明しますとこのアンプ、
フィリップスの6922管、NE5532の12V駆動のハイブリッドアンプ、所謂YAHAアンプの一種ですがジャンパピンにで6DJ8/12AU7が使用可能です。デザインがかなりgood。

早速試聴してみたところ若干ノイズが・・・ 真空管を見ると明らかに中古品です><
TUBEテスターの結果も58/62と中々悲惨。

早速本家と同様のElectro Harmonics社の6922、折角なので双極マッチングペア管に交換してみました。
(ついでにオペアンプもLME49990 x2に交換しました)

※真空管交換後はバイアス調整が必要です。(もちろん本家も)バイアス調整用端子が付いてる親切設計ですのでテスターで簡易的にですが調整できます。バイアス電圧はメーカーによると6-8Vとのこと。割と幅があるのは気にせず、間の7V程度に調整しました。

※開けてびっくり、Carot One FABRIZIOLOとまったく同じ回路です。部品もオーディオグレードが使用されています。

画像


ちなみに本製品はmiuaudio社のMKTP1のようです。
http://www.miu-tech.com/mini-MKTP-1.html

公称スペックがかなり優れている事が分かります。

さて、真空管を交換し酷いノイズは大体消えました。が低インピホン使用時に若干残っているのが気になります。

YAHAアンプ、というよりACアダプタを使用するアンプの電源は大変重要です。
丁度良く手元にあった、定評のある秋月電子通商の「GF65I-US1250」 (12V 5A)に交換。(ゲームキューブのアダプタの端子を換えてもOKです)

完全にノイズが無くなりました。SHUREのSE535でもノイズが皆無です。
まさかここまで変わるとはびっくり。

※個体差があるとは思いますが初期真空管、アダプタではノイズが割と乗りました。交換前提で購入するのが良いでしょう。

では肝心の音質について。

AKG K701でレビューをしてみたいと思います(適当)

・高音 かなり伸びます。K701とマッチした美音系の音です。伸びつつも刺さらないのが魅力。
・中音 前に押し出してくる感じ。かといって張っていません。ボーカルは艶があり中々のモノです。
・低音 ハイブリッド型特有のかなり元気のある低音です。ボワつくことなく力強い音です。

※主要部品を交換しているのであまり当てにならないかとは思いますが、
真空管交換前提ならかなりコストパフォーマンスが優れていると言えるでしょう。





"青人参?上海問屋 DN-84335 (Carot One同等品?) 買ったのでレビュー\(^o^)/" へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: