HA400改造についての注意点

メールにて改造方法を教えくれという質問が結構きましたので書いとこうと思います
部品容量などの内部画像は前の方の記事にありますので見てください。
画像クリックでサウンドハウスの商品ページに移動します。
画像クリックでサウンドハウスの商品ページに移動します。

在庫が無ければamazonでも売ってます。
BEHRINGER ヘッドフォンアンプ HA400 @amazon



まずコンデンサですが耐圧は16V以上の物を選んでください。
アダプタは実質15.7Vぐらいですので。
あとデカップリング(容量1000uFの奴)ですがこれはオーディオグレードの物ではなく低ESR品(OS-CONとか)を選んでください。

※くれぐれもOS-CONを出力の100uFには使用しないでください。(DC漏れが云々)
また容量も変えないでください。低域がまったくでなくなります。

ボリュームの交換は無理です。諦めましょう。

私はケース削って電源スイッチ搭載しました。
もし実行なさる場合は配線はシールド線を使用してください。
ノイズが防げます。

※参考にならない参考画像
画像


ポップノイズに関しては諦めてください。出力の100uFのせいで改善は不可能です。
普通は入力段につけるのですがスペースの都合無理だったようです

まあ改造すると化けますよ。このアンプ。
ちなみに私はデカップリングにOS-CON、カップリングにニチコンKWを使用しています。
内部配線はベルデンOFC
参考までにどうぞ。

ちなみにさっきSAMSONのS-ampをポチりましたw
内部写真や改造ネタもダラダラ書いて行こうと思いますのでそちらもよろしくお願いします


検索用:HA400 改造 S-amp ヘッドホンアンプ

"HA400改造についての注意点" へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: