Xiaomi(シャオミ)Piston2 Piston3 まとめて比較レビュー ※暫定版

Xiaomi社のPiston2とPiston3を購入したので今更ながら簡易レビュー。

banggoodのセールで購入した正規品。
Piston3が1800円、Piston2が1700円、Piston3Youthが800円とかなりの格安で買うことができた。
※偽物が多いので信頼できるところで買うべし。

パッケージなんかの画像は散々上がってるので省略。他のレビュー通りかなり力の入った梱包で好印象。

画像


左がPiston2、右がPiston3。

どちらも高級感があり価格からはあり得ない出来だが、強いていうならPiston2の方が気合いの入った作りで同心円デザインがナイス。

Piston2はオールアルミ削りだしハウジング。対してPiston3は樹脂+アルミのハイブリッドでコストの削減が見られる。

ただし装着感はPiston3の方が圧倒的に良いし、左右も分かりやすい。

ちなみに公式HPによるとPiston2はベリリウム振動板、Piston3はチタン振動板である。

ケーブルはどちらもケプラー巻きで絡まりにくく断然しにくい。

リモコンはiOSは非対応でAndroidのみ使用可能。2が分岐部にあるのに対して3は右側に移動している。マイクも内蔵しているので通話も可能。

肝心の音質について。
・Piston2
低音のキレの良さと伸びる高音、高い解像度が印象的。
ベリリウムのおかげなのかとにかく締まった音。高音はちょっと出過ぎでサ行が刺さることも。

・Piston3
重低音の量、伸びが特徴。高音も中音もそれなりに伸びる。キレも解像度もなかなかのもの。

聞き比べてみるとPiston2は打ち込み系、J-POPなどに特化した鳴り。

Piston3は曲を選ばない万能ホンといったところかな。

何にでも使えて装着感も良いPiston3、クセはあるがジャンルによっては素晴らしい音のPiston2。

とりあえず何かコスパの高いイヤホンが欲しい人はPiston3。

既に高いイヤホンを所有していて個性的なのが欲しい人はPiston2がいいんではないだろうか。

どちらもコスパが素晴らしいイヤホンには違いないので両方買うのもアリだろう。
※Piston2は半開放で音漏れがあるので電車やバスでの使用はオススメしない。

ちなみに廉価版のPiston3Youth (青春版)なるものも存在する。音の傾向は3とほぼ同じなのでお好みで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック