タナカ互換の PPS Kar98K ガスライフル レビュー(※暫定)

Kar98Kが以前から欲しく、マルシンかタナカのガスタイプを購入するつもりだった。
ただマルシンは樹脂パーツが多く、タナカは高い(といっても今はオクで良品が3万ちょっとで買えるが)

最近では中華メーカーのコピー品が出回っている。D-BOYSはストックの色がおかしい、S&Tはスコープマウントが要加工な上ストックが汚い。再塗装はめんどいし加工もダルイ。

そんな中見つけたのがPPS Kar98K。
ほぼタナカのGバージョンのコピーであるが、チャンバー交換無しでマルイVSR10のインナーバレルがポン付け出来るとの噂(まだバラしてないので真偽不明)。 なんか普通にタナカのコピーっぽい…。

大人しくタナカの中古を買えばいい気もするが、折角なのでレビューの少ないPPS製を購入してみた。

ひとまず箱出し。ボケた上、ちょっと黒っぽくなったが実物はもう少し明るい。
PPS Kar98K

参考までに実銃とタナカ製。

実銃

Kar98K 実銃


タナカ

画像


まあいいんじゃないだろうか。タナカ製の木ストの仕上げは素晴らしいが綺麗すぎる気がする。

ついでにPPS製ストック画像。

PPS Kar98K ストック


若干キズがあるのは中華仕様。そのうちアマニ油かワトコのナチュラル、チェリー、ダークウォルナット辺りでオイルフィニッシュ予定。塗装は完全には落とさず上塗りしてみる。

早速実射・・・の前にバレルのお掃除。中華製ガンはよくわからない油でギトギトなことが多いので注意。

ちなみに実写性能はタナカと同レベルと思われる。タナカ製は依然数十発撃った程度なんでうろ覚えだけども。
※つまりガスライフル特有のお察しな精度(それでもマルシンよりはマシか)

初速・パワーはタナカよりも大分あるのでゲームでは使いやすいかも?

ボルトも軽くバシバシと撃てる。ただM14とかと比べると重い重い。これで走り回れと言われると今の体力ではキツイ。

ひとまずストックの処理と時間が出来たらVSR10のバレルに交換するつもり。

今度はガーランドが欲しくなってきた。物欲って恐ろしい。

・ストックを塗ってみた。ワトコオイルのダークウォルナットとチェリーの混合。下地処理が雑だったのでちょっと汚いがバトルダメージモデルってことで納得させた。

失敗したくなければワトコ一択。素晴らしい。

画像


画像


画像


おまけ

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック